和パンクの軌跡(パンクロック誕生前)「村八分(1969~)」

日本におけるパンクロックの主だった人々を紹介したいと思う。

70年代後半、ピストルズの誕生をきっかけにパンクロックは世界中に広まる。当然、日本の音楽もその影響を受けて新たなバンドが次々と誕生する。和パンクはどのような変化を遂げていったか参考にしてほしい。

1969年結成の村八分はブルースを基調としており音楽としてはパンクロックとは言えない。やり場のない焦燥感、閉塞感は徐々に確実に蓄積し土壌は築かれていった。だが、その行き先をみいだすことはまだない。

次回は、パンクロック誕生前「頭脳警察」を紹介します。